SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
優しさと強さと食欲と。
2011年02月27日 (日) | 編集 |
先日のNZの地震、大変な惨事になりましたね。。

そんな中、一昨日のニュースで、
救出された19歳の男の子のインタビューを見ました。

足を失ってしまったというのに、
インタビューに応じるなんてそれだけでスゴイ。。
どれだけのショックと痛みと悲しみと恐怖の記憶か!?想像を絶するものでしょうに。

その彼が「日本にいる家族や友達に伝えたいこと」と聞かれしっかりと、

「生きています。それだけでいいです。」

(↑ほぼ、こんなフレーズだったと思う)

凄過ぎませんか!?
あんな大変な事を経験してすぐに、
周りの人たちを思いやる優しさとその裏にある強さ。

早朝からウルウルしてしまったのでした。



それで思い出すのが、チー。

あんな大怪我をしたのにガッツで戻ってきました。
そして甘えるでもなくキリっとした顔で、

chis back 6 35 
            生きています。メシだけでいいです。



いえいえ、茶化しているわけではありませんよ。
本当にチーは強い子なんだなあと思いましたの。

帰って来た時はやや素っ気ない感じだったから、
ウレシイ気持ちと一緒にちょっぴりサミシイ気持ちもして。

でも、もしかしたら、
散々心配していたわたくしを想って
痛みをこらえ・・
あえてクールに振舞っていたのかも!?なんて思うのですが。。
翌朝傷をちゃんと見るまで、ヒドイ怪我だと思わなかった位ですからね。

そんなチーの優しさに気付かなかったなんて、
愚かなわたくし。

ごめんね、チー。
生きててくれてありがとう




行方不明の方々の無事を祈っています。。。










スポンサーサイト