SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
春待ちにゃんこたち
2012年02月22日 (水) | 編集 |
今日は2月22日。
ご存知猫の日

にゃんこと一緒に暮らしてるラッキーな皆さまは、
何かイベントはありましたか?


最近わたくしはマロンとチーに会えていないので、
写真も無く・・

春も近づいてきた事なので、
「春を待ってるにゃんこ」作品にしてみました。


momo in the woods


ご近所ネコの美猫、モモちゃん。

この子は家の中4割、お外6割くらいの家猫です。
人にもネコにもすごく慣れている子。

写真もいっぱい撮らせてくれたので、
モモちゃんパステル画もたくさんありますの。


shiro waits for spring

この子は99年当時家の前で暮らしていたノラちゃん。
チーのように、母猫から生まれるところからずっと知っていた子でしたが、
間もなく姿が見えなくなりました。
人生(猫生)でたった一度きりとなった春でした。。。


mimi w daffodills 88x88

水仙の群れの中で戯れるミミ。

これはイラストレーターとして作家登録していた会社の
作品集に掲載されたものですわ。

色々なお花と絡めているミミ。
ハワイ育ちの彼女は寒いのが超ニガテ。
やっぱり春は待ち遠しかったようですわ。





オマケは、ネコの日に相応しい古いニュース


先日荷物を整理していたらこんなものが出てきました。
朝日新聞の記事。
作り話のようなミラクルなオハナシ。

猫好きな方もそうでない方も感動ですわよ
245KBとサイズが大きいせいか、ココに表示されませんが、
クリックすると別ウィンドウから見れますわ!


emily traveledacrosstheocean


見れなかった方のために書いておきますと・・

「大西洋越え ネコ一人旅」

アメリカのミルウォーキー(シカゴの近く)在住の家猫エミリー(キジトラ)が、
倉庫で遊んでいてそのままコンテナに乗ってしまい、
貨物船で大西洋を渡り、フランスへ着いてしまいました。

フランス北部の薄板工場で発見されたのは、ミルウォーキーを出てひと月以上経った頃。
識別票(マイクロチップのことかしら)をつけていたので、
アメリカからきたと判り、
工場の人たちなど多くの人たちの計らいで
無事にミルウォーキーの飼い主のもとへ帰ってこれたというストーリー。

エミリーは空港で新聞記者たちに囲まれマイクを向けられたら、
そのマイクを引っ掻こうとしたそうですわ。

その記者会見の模様と、帰りの機内の写真が載ってて笑えます。
飛行機はビジネスクラスで、窓際席!
空からの眺めを堪能したとあります。
ステキなアドベンチャーストーリーですね!




当時1歳のエミリー、
今も元気でいるといいですわね。。。




スポンサーサイト