SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
レムリアの記憶。
2016年06月05日 (日) | 編集 |

皆さまこんばんは~

古い記事を遡ってみましたら、
去年も一昨年も、6月5日に記事を書いていない!!

わたくしの最愛の初猫・ミミちゃんの命日なのに、です!!


 まあ、去年はそれどころじゃなかっただろうから、ユルス、けど。


今日は初掲載・再掲載の写真を織り交ぜていきます~。
ちょっと長いので、お忙しい方はミミの写真だけでも見て下さいまし!


8歳10か月で虹の橋を渡ったミミ。
生きていたらもう20歳になりますの。
ニンゲンだと13回忌にあたりますね。



ミミのことを想い出さない日はないTOKITTY。

賢くて美しくて気高くて、でもオシャベりで優しくて・・
・・ああまた、娘ジマン・リピートになってしまいます!(^_^;)


mimiintheglasssml.jpg


そんなミミがTOKITTYのことをどう想っているのか?
どんなアドバイスをしてくれるのか?聞いてみたいなあ。。とずっと想っていて。
死後10年過ぎると、交信が難しくなると知り、


メルシイの時にお世話になったAC(アニマルコミュニケーター)さんに
依頼したのは昨年末。

見ず知らずのACさんでしたが、
過去の出来事をメルシイの言葉でズバリ語ってくれたので、そのスキルは抜群です。
(その時の衝撃の内容はコチラ


mimi phtfrmd


きっと沢山のダメだしがあるはず、
と考えると怖くもありましたが、思い切って依頼しました。


返ってきたお返事は意外なモノでした。

ACさん、現在は天使になった子との交信は身体に負担になっていてお休みしているそう。
しかし、「TOKITTYさんからコンタクトがあったのは・・何かお伝えしたい事があるみたい」
とメッセージを送って下さったのです!


その内容はACさんとTOKITTYが大昔、レムリア大陸で同じ時を生きていたという話!


mimilove2.jpg


その当時TOKITTYは「アルプスの少女ハイジ」のような女の子で
動物や植物のお世話をしていて、動物たちからの信頼が厚く、幸せに暮らしていた。。

ところが大陸が沈んでしまい、あっというまの出来事で
「動物たちを助けられなかった」と後悔の念を強く持ちながら沈んでいったと。

現在、猫ちゃんたちを愛おしく可愛がったりしているのは、
その時の心の傷を癒している、
絵を描く事でも自分を癒し、動物たちも癒すことが出来ている。。
という内容。


レムリア大陸・・聞いたことはあるけれどよく解らず、調べましたわ!
太平洋の中央にあった大陸だそうで、レムリア人のDNAは
ハワイや沖縄の人が受け継いでるそう。

あっ
ミミとはハワイで出逢い、猫と暮らし始めたのも、猫の絵を描き始めたのもハワイ!
レムリア大陸のあったハワイです。。。

これって偶然??


mimi tokitty w mimipainting2


そして、ACさんは「身体に負担がかかってしまう」と仰っていたのに
ミミが登場するのです!!

そう、レムリア時代から既に、ミミとTOKITTYは縁があったようなんです!!

ミミは

「私たちは大丈夫だから、もう悲しまないで!」
と言って来たのです


つまりは、ミミはわたくしの心の古い傷を癒そうと想っていて、
レムリア大陸のあったハワイで再会を果たしてくれた。。。

そんな解釈が成り立つように感じました!


この他にも、ミミからTOKITTYへのメッセージがありましたが、
ポジティブな明るい未来を予言してくれましたの~
内容はヒ・ミ・ツですが


mimilove.jpg
       だってママ、凹んでばっかりいるんだもん。


ミミとの強い繋がりを一層強く感じられた出来事でした。

ミミ~!愛してるよ~!!




最後にオマケ。

6/1の深夜、最接近していた火星を撮ってみました!!


mars20160602DSC_1396.jpg


この夜は天気が良くて、すごい星の数!!
どれが火星か判りますでしょうか??


mars20160602DSC_1417.jpg
(↑これは大きく載せましたので拡大するとよく判りますよ!)



mars20160602trmmdDSC_1404.jpg


火星だけ拡大してみました。
やっぱり赤いのですね!!

知らせてくれたまりんさん、ありがとー!


mimifoggy.jpg
    最後までオツキアイ、ありがと~



長いお話、ここまで読んで下さった方、有難うございます~

応援ポチもよろしくです~





スポンサーサイト