SEO対策:
私の猫天使たち~菩薩系癒し猫マロンと暴れん坊カミカミ王子メルシィ・ボクと・・・
不朽の名作♪
2017年07月31日 (月) | 編集 |

皆さまこんばんは~


花火の季節ですねー
週末、観に行かれた方も多かったのでしょうね~。

ちょうど勤務を終えて雨降る中、都営浅草線に乗ったら
土曜日なのに通勤ラッシュ並みの混雑! しかも浴衣姿多し。

そう、隅田川花火大会でしたね~

近年は、遠くから眺めるくらいになってしまったTOKITTYでーす。




さて、先月から「装画」のコンペに提出する作品を描いていました~。
装画は、本の表紙などに使われる画ですの。





さて、何という本の装画でしょうか?

判りませんよね~


awdgofflndrsDSC0042trmmd2.jpg


これでは?

判らないですよねえ~


awdgofflndrsotw1.jpg


もうお判りになりましたか???

そうです、「フランダースの犬」ですわ

えっ??
犬種が違うって??

皆さんご存知のアニメのパトラッシュは白地に茶の模様ですが~
原作では「黄褐色」と書かれています。

パトラッシュが何という犬種だったか?という議論もされていますが
当時、馬を持てなかった庶民が犬を使って荷物を引かせていた・・ので

今でいう純血種の犬ではなく、雑種だったはず・・
ベルジアンシェパードが近い・・だそうですわ。


awdgofflndrsotw2.jpg


原作とアニメ、映画をじっくり鑑賞し、
ベルギーの景色なども拾い集めて眺め・・
頭の中に描いた風景をカタチにしていきます

あ、皆さまもアニメは観てますよね??
私は第20回「どこまでも」がダイスキですの。
https://www.youtube.com/watch?v=qsOqm_Y-4kI

これは何度見てもウルウルしてしまいます



awdgofflndrsotw3.jpg


だいぶ出来てきました~

この物語は本当に悲しい結末ですが、
だからこそ、その反対側にある
ネロとパトラッシュの活き活きとした日々を描こうと想いましたの。


awdgofflndrsotw4.jpg


完成間近で、再びパトラッシュの眼を描き直したくなりました。

ここ、一番大事なところなので~。


awdgofflndrsDSC0042-2sml.jpg


完成で~す
(クリックで拡大します)

いや~泣きに泣いた一ケ月でしたわ


原作を読んでいると、ネロとTOKITTYの人生が
ピッタリ重なっていることに気づきました。

まあわたくしは既に夢見る「少女」ではなくなっていますが(^_^;)

厳しい現実の中で、周囲から「絵なんか描いてる怠け者」と言われても
やりたいものはやりたいという魂からの声があり。
これ、正しくTOKITTY。


そんなネロに優しく言葉を掛けるおじいさんですが。。
ネロのおじいさんはTOKITTYのお祖父ちゃんにとっても似ていて!!

見た目の雰囲気も、話し方も、優しさも。。。


kouzaburouportrait.jpg


おじいさんの台詞を読むと、
自分のお祖父ちゃんが語りかけているような錯覚に陥りましたの。

もしも、お祖父ちゃんが今も生きていたなら
こんなふうに言ってくれていたんだろうなって。


awpatrachegazinpatrache.jpg


あれっ??


作品を眺めてるのはダレ??


長くなったので、次回につづきます・・・


本日もここまでお付き合い&応援ポチっと
ありがとうございます~


スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
前回記事のタイトルで思いだしました。
かたんさん、最後まで前向きでしたよね。
記事を読むたびすごいな~って思ってました。
かわいいわんちやんたちどうしているかしら・・・

「フランダースの犬」は可哀そうすぎて辛くなります。
でもふたりの活き活きとした生活を描こうとしたのは正解ですね。
幸せな時だってあったはずですから。
それにしてもお花や木や建物や描くものがたくさんあって大変だったでしょう!
どれも手を抜かないでよく描けていると思いますよ(^_^)

お祖父さまの肖像前にも拝見したことあると思いますが
おしゃれで優しそうでさすがTOKITTYさんのお祖父さまですね。
かっこいいわ~💛


2017/07/31(月) 23:20:55 | URL | NEccoSun #-[ 編集]
NEccoSunさんへ
NEccoSunさん、コメント有難うございます~v-20

NEccoSunさんも、かたんさんのブログを読んでいたのですね。
短い人生を駆け足で走る方は、
やっぱりそれだけ凝縮されたパワーを持っているのですかね。
ひまわりちゃんファヴィちゃん、気になりますよね。

お祖父ちゃんの肖像、憶えていて下さったのですか!?
サインを見たら、22年前ですわ。
まだ元気なうちにハワイ土産として描いたものです。
ホントにネロのおじいさんと被ってしまい
本読んでも泣けてしかたなかったですね。

装画はもっとシンプルな方が良かったのかもしれませんが
(これでも描きすぎないよう気を付けたつもり)
広々した大地や風車・・と詰め込んでしまいました(^_^;)
2017/08/01(火) 16:05:53 | URL | TOKITTY #-[ 編集]
二枚目の絵でフランダースの犬だってわかりました。
アニメのパトラッシュは
セントバーナードのようですが
原作は違うんですね。
このお話はとても悲しいものですが
ここに描かれているネロとパトラッシュは生き生きと描かれていて
こちらの方がいいなぁとおもいます。

おじい様、優しそうなお顔をされていますね。
TOKITTYさんのおじい様ですから
きっと素敵な方だったのでしょうね。
2017/08/01(火) 18:15:11 | URL | あんずミャミャ #-[ 編集]
あんずミャミャさんへ
あんずミャミャさん、コメント有難うございます~v-458

2枚目で判りましたか!?サスガです~v-433
そう、アニメではセントバーナードですよね。
でもパトラッシュは耳が立っているので
そこだけはセントバーナードとも違ってオリジナル(笑)
因みに米国映画版はまっ黒なロン毛のパトラッシュでした。
日本のアニメが一番カワユイv-347

装画なので、店頭で目に留まり手に取って
「読んでみたい」と思わせるチカラが要るのですよね。
悲しすぎるラストと対照的な画にしました。

お祖父ちゃんは優しかったです~。
喋り方もネロのおじいさんみたいでスローでした。。
2017/08/01(火) 18:30:24 | URL | TOKITTY #-[ 編集]
TOKITTYさん!お久しぶりです(*´∀`*)
久しぶりに見たTOKITTYさんの絵
優しい表情のネロとふわふわのパトラッシュ♡
とっても素敵ですね!
実は私、最終回の有名なシーンしか知らないのです
大人になってフランダースの犬マニアの友人に(w)見て!と勧められるも
絶対号泣しそうで見れませ〜〜〜〜ん

TOKITTYさんのお爺様は優しくて理解ある方だったんですね
私の勝手なイメージですが、アニメ『耳をすませば』のお爺ちゃんのような
方だったのかなぁ・・と
私の祖父は人嫌いの変わり者だったのでw
ちょっと羨ましいです
2017/08/07(月) 22:30:48 | URL | ぽち #HK54NBcs[ 編集]
ぽちさんへ
ぽちさん、コメント有難うございます!e-397e-420

フランダースの犬、ラストシーンしか観た事がなかったのですか!?
確かに、「色々ハプニングあったけど最後はハッピーエンド」という定番の流れではないので、重たい感情が残る作品ですね。
しかし!お友だちがおススメ下さったなら、
この↑20話観て下され~。
これはね、泣けるけど、嬉しくて泣ける1話ですから~e-465

・・というわたくしも「耳をすませば」を見とらんのです(^_^;)
今度観てみますね!!
お祖父ちゃんに似ていたらやっぱり号泣かしらん。。。
2017/08/08(火) 23:13:08 | URL | TOKITTY #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック